メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子」年へ準備着々 初詣の縁起物を点検 島根・稲成神社

縁起物の点検をする巫女=島根県津和野町後田で、竹内之浩撮影

 島根県津和野町後田の太皷谷(たいこだに)稲成(いなり)神社で、初詣客に授ける縁起物の準備が進んでいる。来年の干支(えと)の「子(ね)」にちなんだネズミの土鈴や絵馬をはじめ、破魔矢や熊手など約150種類5万点を用意。22日は赤いはかま姿の巫女(みこ)9人が一つずつ手に取り、破損の有無などを点検した。

 同神社によると、十二支最初の子は、新し…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです