メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

袋からのぞいたり飛び出したり カンガルー赤ちゃん2頭誕生 滋賀農業公園ブルーメの丘

母親のラズベリー(右)の袋から出て抱きつくハイイロカンガルーの赤ちゃん=滋賀県日野町の滋賀農業公園ブルーメの丘で2019年12月23日、蓮見新也撮影

 滋賀県日野町の「滋賀農業公園ブルーメの丘」でハイイロカンガルー(オオカンガルー)の赤ちゃん2頭が相次いで生まれ、入園者の人気を集めている。母親の袋から顔を出したり、袋の外へ飛び出したりするなど、元気いっぱい。2頭とも性別はまだ不明で、同園は性別が分かり次第、名前を募集する予定。

 ハイイロカンガルーはカンガルー科カンガルー属で、オーストラリア大陸を中心に群れで生息する。カンガルーの仲間ではアカカンガルーと共に最大で、約8メートルジャンプできる跳躍力を持つという。

 同園では5頭飼育されていたが、雌のラズベリー(3歳)とスモモ(3歳)が、相次いで赤ちゃんを生んだ。赤ちゃんの誕生は2018年3月のスモモの子、モモタロウ(雄、1歳)以来、3回目。動物園などでは一般的に、赤ちゃんが袋から初めて顔を出した日を誕生日にしており、ラズベリーの子は10月8日、スモモの子は11月4日となった。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです