メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土石流被害、衛星写真で素早く測定 広島大開発 早期対応可能に

衛星画像データを活用した土砂災害の推計方法を説明する広島大学院工学研究科の三浦弘之准教授=広島大東千田キャンパスで2019年12月23日、中島昭浩撮影

 豪雨などによる土砂災害が起きた際、流出した土砂の量や範囲を衛星写真を使って素早く推定する手法を、広島大大学院工学研究科の三浦弘之准教授が開発した。過去の土石流などのデータと被災前後に撮影された衛星写真、シミュレーションソフトを使って土砂の堆積(たいせき)量を計算する。写真が入手できれば数日以内に概算値が把握できるという。

 これまでは航空機によるレーザー測量をもとに限られた範囲の土砂量を計算するため、全体像を把握するのに…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです