メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽しもう!アジアの文化 子供たちが国境超え踊り演じ歌う 神戸オリニマダン

 神戸市内の在日コリアンや日本人の子どもたちが朝鮮半島の伝統文化に親しむ「第22回神戸オリニマダン」が12月、神戸市長田区大谷町1の市立蓮池小学校で開かれた。市内の小学生や家族連れなど約600人が草の根の交流をした。

 「オリニ」は子ども、「マダン」は広場の意味。「神戸在日コリアン保護者の会」が1998年から毎年開催している。午前の部では、同会主催の教室「オリニソダン」で学ぶ22人の在日コリアンの子どもらが、朝鮮半島の伝統打楽器を演奏する「プンムルノリ」や伝統舞踊などを披露。

 「オリニソダン」に通う孫2人の演奏を見守った宋春子(ソンチュンジャ)さん(72)は「私が小さい頃はこういう機会は無かったが、孫が音楽や文化に親しんでいるのを見るのはうれしい」と喜んだ。孫の寺田愛華さん=市立だいち小6年=は扇を使った舞踊「プチェチュム」などを披露し、「緊張したけど、見ている人が拍手してくれて楽しかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです