メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀行も変わる 出先近くでテレワーク 業界激変、育児・介護抱える職員引き留めも

各ブースが仕切られた三井住友銀行のサテライトオフィス=東京都新宿区で2019年12月4日午前9時9分、高橋祐貴撮影

 オフィスを離れて働くテレワーク(リモートワーク)が各業界に広がり、一見お堅いイメージの銀行でも取り入れる動きが進んでいる。顧客情報管理の面から、以前は持ち帰りの仕事がご法度とされてきたが、行員の働きやすさを優先して、大手行が続々と始め、地銀でも一部で導入している。【高橋祐貴/東京経済部】

「営業効率上がった」

 「集中して調べ物やメールの処理ができる。気分転換にもなる」。三井住友銀行本店(東京都千代田区)で貿易金融部門を担当する金タソムさん(34)は、笑顔で語る。週1回程度、営業先を回る合間、近くにあるサテライトオフィスやコワーキングスペースに立ち寄り、仕事を済ませる。直行直帰が可能になったことで、仕事終わりに買い物をして帰る日もあるという。金さんは「会社でしかできない作業が可能になり、隙間(すきま)時間の過ごし方が変わった。営業効率が上がった」と話す。

 三井住友銀行では「テレワーク制度」を2016年から導入。これまでは原則、自宅に限られていたが、昨年…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです