メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛県知事「議論があるのは良いこと」 まじめえひめ問題、動画配信は継続

修正前の特設サイトの画面。当初は「実は愛媛は余暇時間も全国1位!」に続いて「その自分の時間を介護や看護など他人のために『まじめ』に使っている、と言えるでしょう」と解説されていた

 愛媛県の「まじめえひめ」プロジェクトの特設サイトやPR動画で介護・看護時間の長さや彼氏のいない独身女性の多さを「まじめ」と結びつけていることが物議を醸している問題で、中村時広知事は24日、「いろいろな議論があるのは良いこと。ネガティブに捉えず愛媛らしさを追求していけばいい」と述べ、改めて動画の配信を続ける方針を示した。

 定例記者会見で質問に答えた。中村知事は「ユーモアの精神もあり、いろいろな見方がある。主張を押しつけるためにやっているものではない」と説明。今回の問題で動画の再生回数が増え、認知度も上がったといい、「これを良い機会に、さらに進化させていきたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです