メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出生数減は「令和婚」のせい? 厚労省見解に疑問の声 専門家は「格差」指摘

25~39歳の女性人口の推移

 2019年の出生数が国の推計より早いペースで90万人を割り込み、少子化が一段と深刻化していることが浮き彫りになった。25~39歳の女性人口の減少や団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)が40歳代後半を迎えたことなどが影響しているとみられる。厚生労働省の担当者は「令和婚により5月の婚姻件数が増えた結果、出産がそれ以降に先延ばしされたためではないか」としている。

 25~39歳の女性は7月1日時点で969万5000人。前年比で20万人以上減り、減少の一途をたどっている。団塊ジュニア世代も40歳代後半を迎え、出産時期のピークを過ぎた。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです