メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電通過労自殺から4年「娘の命と尊厳またも踏みにじられた」 まつりさん母が手記

2010年3月、高校卒業後の箱根旅行で写真に納まる高橋まつりさん(右)と幸美さん=高橋幸美さん提供

 電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が過労自殺して25日で4年になった。母幸美さん(56)が代理人の弁護士を通じて手記を公開した。「娘を失った悲しみはどんなに時が過ぎても癒えることはありません。友人が結婚した、出産したと聞くたびに、まつりは本当にいないんだと改めて思い知らされます」と現在の心境を記している。

 電通が今年9月に違法残業で労働基準監督署から是正勧告を受けたことについて「娘の命と尊厳がまたも踏みにじられた思い。不眠不休で業績を上げてきた社風は根深いものがあり、ひとりの社員が死んだくらいでは変わらないだろうという私の予想通りでした」とし、決意を新たにして労働環境の改善に取り組むべきだと注文した。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです