メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK森下新委員長は「かんぽ問題で厳重注意」主導役 職員ら「政治との距離」不安の声

NHK放送センター=東京都渋谷区で

 NHK経営委員会の新委員長に、委員長代行だった森下俊三・阪神高速道路会長(74)が決まった。通信業界出身で、番組の常時同時配信などNHKのインターネット展開を推進してきた。総務省から迫られる経営改革への対応も求められる。ただ、かんぽ生命保険の不正販売を報じた番組を巡る問題では、日本郵政グループの抗議に同調し、上田良一会長への厳重注意を主導した。「NHKの自主自律への理解が足りない」(幹部)との懸念もある。【小林祥晃、屋代尚則、松尾知典】

 「高速大容量の次世代通信規格『5G』が間違いなく普及する。ネットでの動画配信がもっと進む。放送業界全体でこの分野を広げていかなければいけないと強く思う」。森下氏は24日夕の就任記者会見で強調した。森下氏はNTT出身で、通信インフラやネット技術に詳しい。

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです