メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ禁止 大阪地裁が仮処分認める「大きな一歩」「安心して暮らせる社会に」

ヘイトスピーチを禁止する大阪地裁の決定を受け、記者会見する「コリアNGOセンター」の郭辰雄代表理事(右)=大阪市北区で2019年12月24日午後2時55分、戸上文恵撮影

 大阪市生野区で行われる予定だったヘイトスピーチを巡り、大阪地裁(北川清裁判長)は24日、外国人の人権問題などに取り組む地元のNPO2団体が禁止を求めた仮処分の申し立てを認める決定を出した。それぞれの事務所から半径600メートル以内で、在日コリアンを侮辱するビラの配布などを禁止する内容。

 申立書によると、「在日特権を許さない市民の会」元幹部の男性がネット上で、29日にJR鶴橋駅やコ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです