メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内最大規模の給食センター完成 滋賀・大津で全中学校に提供

調理場には1個で約1000食を作れる回転釜が並び、水はけのよい衛生的な設計となっている=大津市栗林町の東部学校給食共同調理場で2019年12月24日午後0時20分、菅健吾撮影

[PR]

 大津市で2020年1月9日から市立中学校全校で学校給食が提供されるのに合わせ、国内最大規模の給食センター「東部学校給食共同調理場」(同市栗林町)が完成した。最新の設備を備えて衛生面が向上したほか、保温に優れた容器で学校まで搬送するため「おいしさ」もアップ。24日のオープニングセレモニーで、越直美市長は「保護者から要望が多かった全市での学校給食が始まる。地産地消で大津の食材を食べてほしい」と話した。

完成した東部学校給食共同調理場=大津市で2019年12月24日午前11時21分、菅健吾撮影

 市立中学校では現在、校内に調理室のある2校を除き、給食は提供されていない。市は子育て世代を応援しようと、市立中学校全校での学校給食化の実施を決定。1984年から稼働し、老朽化が進んでいた旧東部学校給食共同調理場を廃止し、新たな給食センターの建設を18年10月から進めていた。

給食を試食する瀬田北中の生徒(右)と大津市の越直美市長ら=同市栗林町の東部学校給食共同調理場で2019年12月24日午前11時51分、菅健吾撮影

 新しい給食センターは鉄骨2階建てで敷地面積1万2365平方メートル。1日あたりの提供量は1万7000食と、山形市学校給食センター(2万2000食)などに次いで国内最大級となる。調理方法の異なる食材が接触しない仕組みになっており、雑菌などの繁殖を抑える衛生面が向上。保温性の高い最新型の容器を用い、できあがった料理が冷めたり、ぬるくなったりしないうちに提供できるという。

 提供先は市内東部の小学校15校と中学校9校。これまで市立小学校に給食を提供していた北部と南部の学校給食共同調理場と合わせ、市立中学校全18校をカバーする。

 この日は給食の試食会も開かれ、県産コシヒカリのごはんやミネストローネなどが提供された。試食した瀬田北中2年、佐藤爽音(さやね)さん(13)は母親が働いており、普段は自分が弁当を作ることもあるという。「母はとてもうれしそうに『助かる』と言っていた。母の弁当も好きだけれど、小学校の頃は給食が好きだったので楽しみ」と話した。【菅健吾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです