メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国内最大規模の給食センター完成 滋賀・大津で全中学校に提供

調理場には1個で約1000食を作れる回転釜が並び、水はけのよい衛生的な設計となっている=大津市栗林町の東部学校給食共同調理場で2019年12月24日午後0時20分、菅健吾撮影

 大津市で2020年1月9日から市立中学校全校で学校給食が提供されるのに合わせ、国内最大規模の給食センター「東部学校給食共同調理場」(同市栗林町)が完成した。最新の設備を備えて衛生面が向上したほか、保温に優れた容器で学校まで搬送するため「おいしさ」もアップ。24日のオープニングセレモニーで、越直美市長は「保護者から要望が多かった全市での学校給食が始まる。地産地消で大津の食材を食べてほしい」と話した。

 市立中学校では現在、校内に調理室のある2校を除き、給食は提供されていない。市は子育て世代を応援しようと、市立中学校全校での学校給食化の実施を決定。1984年から稼働し、老朽化が進んでいた旧東部学校給食共同調理場を廃止し、新たな給食センターの建設を18年10月から進めていた。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです