メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝・注目選手

Honda設楽悠太 前回は発熱で欠場、MGCは14位 雪辱の舞台は上州路

東日本実業団対抗駅伝で3区を走り、たすきをつなぐHondaの設楽悠太=埼玉県行田市で2019年11月3日、滝川大貴撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が来年元日、群馬県で開催される。駅伝日本一を目指し、新春の上州路を駆け抜ける注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

 男子マラソン前日本記録保持者にとって、元日の全日本大会は二つの悔しさを晴らす舞台となる。

 優勝候補だった前回大会は直前の発熱で欠場した。入社以来、4年連続で最長の4区を担って3回の区間賞を獲得してきたエースを欠いたチームは12年ぶりの20位台となる24位に終わった。

 9月の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」では、「行けるところまで行こう」とスタート直後から飛び出して、15キロ地点で後続に2分13秒差の独走で盛り上げた。しかし、25キロ付近からペースダウンして、37キロ過ぎに先頭集団に抜かれて14位。五輪代表をつかめなかった。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです