メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「今を楽しむ」 花園から世界へ羽ばたいた神鋼・山中が高校生ラガーマンにエール

 第99回全国高校ラグビー大会は27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。今秋に日本で初開催されたワールドカップ(W杯)では、日本代表がアイルランド、スコットランドなどの強豪を破って初めて決勝トーナメントに進出。日本中にかつてないほどのラグビー熱が高まった年となった。W杯会場の一つだった花園で開催される今大会も例年以上に注目が集まりそうだ。W杯全5試合に出場した神戸製鋼のFB山中亮平(31)は、東海大仰星(現東海大大阪仰星)3年時の第86回大会(2006年度)にSOとして優勝に貢献した。「今を楽しむ」。ラグビーを愛してやまない男が、次代を担う高校生ラガーマンにエールを送る。【聞き手・大東祐紀】

 言葉では言い表せない感情だった。目標にしていたW杯のグラウンドに初めて立った。出場できるとは思っていなかったのに、全試合に出場してベスト8。決勝トーナメント準々決勝の南アフリカ戦で負けた瞬間、悔しい気持ちとともに、一緒にやってきた仲間ともうプレーできないと思うと涙があふれてきた。W杯を見て「ラグビーをやりたい」という子どもが増えたと聞いている。頑張って良かったなと、心から思う。

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです