メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトバンク森唯斗は年俸4億6000万円、嘉弥真1億1000万円

契約更改後、ポーズを決めて撮影に応じるソフトバンクの森唯斗=福岡市のヤフオクドームで2019年12月24日午後2時半、黒澤敬太郎撮影

 ソフトバンクの森唯斗投手(27)が24日、福岡市のヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、1億8000万円増の年俸4億6000万円プラス出来高払いの4年契約を結んだ。順調にいけば来季、国内フリーエージェント権を得るが、日本人投手としては球団史上最高額となる大型契約に「複数年契約の夢もあった。ここで満足し…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです