メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『漫画家と猫 Vol.1』『猫脳がわかる!』

◆『漫画家と猫 Vol.1』萩尾望都、諸星大二郎、西原理恵子、吉田戦車、ヤマザキマリ・話 佐藤健寿・著、南信長・文(河出書房新社/税別1800円)

◆『猫脳がわかる!』今泉忠明・著(文春新書/税別800円)

 猫と暮らして、四半世紀以上になる。今は9歳の雄猫1匹のみ。室内飼いなので順調に生きてくれればあと余命10年くらいか。その頃私は60代半ば。きっと彼が最後の同居猫になるのだろう。サビシーな。

 猫のいる生活は静かな緊張感がある。ぼーっと暮らしているようでも無意識のうちに猫の気配を気にして過ごしている。ゴハンはちゃんと食べたか。水はあるか。ウンチはどんなか。わが家の猫は気が小さいが体はデカい(7キロ)。要求が激しく、叶(かな)えるためには根気よく鳴き続ける。人は嫌いではないようだが、かまってくれる客人をかむ。朝方の微妙な時間に必ず起こしに来る。問題行動は多少あるとはいえ、その存在は愛(い…

この記事は有料記事です。

残り1150文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです