連載

この1年

今年、各界で飛躍した著名人たちを振り返る。

連載一覧

この1年

文芸 日常に政治性を見る世界に 都甲さん/「境界」を越えるという感覚 田中さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年の文学について振り返る都甲幸治さん=東京都千代田区で2019年12月13日、玉城達郎撮影
2019年の文学について振り返る都甲幸治さん=東京都千代田区で2019年12月13日、玉城達郎撮影

 インターネットが日常になった社会で、活字を取り巻く環境は日々変わってゆく。改元もあった2019年、文学の分野ではどんな傾向や成果があったのだろうか。毎日新聞文芸時評執筆者の田中和生さんと、外国文学にも詳しい都甲幸治さんに、今年の作品10選を挙げて語り合ってもらった。【構成・大原一城、写真・玉城達郎】

 田中 今年はまず『文芸』秋号「韓国・フェミニズム・日本」の異例の増刷が、特筆すべき出来事だった。

この記事は有料記事です。

残り3331文字(全文3531文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集