メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この1年

文芸 日常に政治性を見る世界に 都甲さん/「境界」を越えるという感覚 田中さん

2019年の文学について振り返る都甲幸治さん=東京都千代田区で2019年12月13日、玉城達郎撮影

 インターネットが日常になった社会で、活字を取り巻く環境は日々変わってゆく。改元もあった2019年、文学の分野ではどんな傾向や成果があったのだろうか。毎日新聞文芸時評執筆者の田中和生さんと、外国文学にも詳しい都甲幸治さんに、今年の作品10選を挙げて語り合ってもらった。【構成・大原一城、写真・玉城達郎】

 田中 今年はまず『文芸』秋号「韓国・フェミニズム・日本」の異例の増刷が、特筆すべき出来事だった。

この記事は有料記事です。

残り3331文字(全文3531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 取り込み詐欺、6億円被害か 5容疑者逮捕 エアコンなど260台 /東京

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです