メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

空気を運ぶぐらいなら…

 大阪府南部の貝塚市にある小さな民鉄、水間鉄道。全長5・5キロの単線は地域住民の足となり、また、関西屈指の厄よけ霊場「水間観音」へ参詣客を運んでいるが、通勤通学客が乗り込む朝夕を除くとガラガラ状態が続いている。

 ピークの1970年代には年間400万人を超えた乗降客は、学生数の減少やマイカー増の影響もあり、近年は半分以下に。経営改善が急務の折、昨年は1000個もの苔玉…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです