メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西尾市長、育休取得 多様な働き方を 「経験を行政に生かす」 /愛知

2カ月間の夕方以降の「育休」について語る愛知県西尾市の中村健市長

 国内で男性の育休取得が進んでいない。2018年度で取得率は6・16%にとどまっている。政府は20年に13%という目標を掲げるが、達成は難しそうだ。そんな中、西尾市の中村健市長(40)が11、12月に「育休」を取得し、夕方以降の公務を控えて育児に専念している。取得後、既に1カ月半が経過。年の瀬の忘年会をキャンセルするなど、取得に伴う“制約”もあるが、「この経験は市民サービスや行政の長として生かせることが多い」と話す。どんな思いで決断したのか、聞いた。【細川貴代、太田敦子】

 日本で男性の育休が進まない中、西尾市でも進んでいないという問題意識を市議の時から持っており、「一つの問題提起の形として」取得した。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです