メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下水の世界巡り感じて 舞鶴市水洗化50周年、記念マンホール蓋 来月5日からPRイベント /京都

「50周年記念マンホール蓋」の製作に取り組んだ舞鶴市上下水道部の職員=舞鶴市で、行方一男撮影

 舞鶴市は下水道水洗化50周年を記念し、市内東西地区の観光資源「赤れんが倉庫」と「田辺城趾」をモチーフにデザインした2種類の「50周年記念マンホール蓋(ふた)」を新たに製作した。老朽化した蓋の交換に合わせて東西市街地に設置していく。併せて記念マンホールの写真投稿とスタンプラリーに参加すると「下水道オリジナルグッズ」が抽選でもらえる「記念イベント」を2020年1月5日から開始する。市下水道整備課は「市内外を問わず、多くの人たちに参加してもらい下水道の世界を感じてほしい」と呼び掛けている。【行方一男】

 舞鶴市の水洗化は1969(昭和44)年に始まり、50年の節目を契機に下水道の大切さを感じてもらおう…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  3. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです