メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の最低賃金保障に暗雲 「A型事業所」伸び悩み 下関 /山口

スタッフに見守られながら折り込みの作業をする「煌」の利用者

 企業で勤めるのが難しい障害者に最低賃金が保障される職場を提供する「就労継続支援A型事業所」の数が、下関市内で伸び悩んでいる。社会参加への大きなステップとなる制度で利用を希望する人が少なくない中、2017年以降の新設はゼロ。社会的にもあまり知られておらず、難しい運営を迫られている事業所も少なくない。【竹花周】

 下関市長門町でA型事業所などを経営する「煌(きらめき)」(田口直樹所長)。定員10人に対し、市中心部や長府地区から、精神や身体、知的の障害を持つ利用者14人が通う。平日の勤務は午前9時半~午後3時半。チラシの折り込みやポスティング、食品の加工の他、清掃などに取り組み、月7万~8万円の賃金を得る。田口所長は「細かく休憩をはさみながら障害への知識のある職員のサポートを受けるなどして、利用者が過度の負…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです