メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漱石「三四郎」の東犀川三四郎駅、待合室一新 京築ヒノキと焼き杉板、出窓に「三四」 平筑鉄道田川線 /福岡

出窓と一体化したベンチ(右)がある東犀川三四郎駅の新しい待合所

 平成筑豊鉄道田川線・東犀川三四郎駅(みやこ町犀川続命院)の待合所がリニューアルされ、お披露目式が23日あった。

 1993年に新設された同駅の名は、夏目漱石の小説「三四郎」のモデルとされるドイツ文学者、小宮豊隆の生誕地にちなんで付けられた。板壁や長椅子が老朽化していた待合所のリニューアルは、京築地区森林・林業推進協議会と西日本工…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです