メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

看板あれど全体像なし=古賀攻

 <sui-setsu>

 国会に出るのが好きではない総理大臣が「国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれてしまっていることを、国民の皆様に申し訳なく思っています」と話していた(12月13日)。

 反省を口にしながらも、実際は桜やモリカケの話は無駄だとあてこすっているように聞こえる。

 では安倍晋三首相は何について議論したいと思っているのか。与野党間の論争に値する体系的な政策を持っているのであれば、ぜひそれを見せていただきたい。

 ベテランの政治家から、戦後日本の転換点となった出来事の一覧表を前にして「この中で一番インパクトが大きいのはどれだと思う?」と聞かれたことがある。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです