特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

記者の目

吉野彰さんノーベル化学賞受賞 環境問題解決の後押しに=信田真由美(東京科学環境部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノーベル化学賞の受賞が決まり、リチウムイオン電池の模型を手に笑顔を見せる旭化成名誉フェローの吉野彰さん=東京都千代田区で10月9日、佐々木順一撮影
ノーベル化学賞の受賞が決まり、リチウムイオン電池の模型を手に笑顔を見せる旭化成名誉フェローの吉野彰さん=東京都千代田区で10月9日、佐々木順一撮影

 今年のノーベル化学賞は、リチウムイオン電池を開発した旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)らに贈られた。受賞の要因となったのは、太陽光や風力発電による再生可能エネルギーを蓄えられ「化石燃料のない社会」につながるという期待だ。地球温暖化に伴う気候変動の問題は危機感を増し、解決に役立つ研究開発の必要性は高まっている。今回の受賞を、環境問題解決に向けた新たな科学と技術への投資や、それに携わる研究者を目指す若者が夢を持てる社会の実現へとつなげたい。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1989文字)

【気候変動】

時系列で見る

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集