メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「わたしのワンピース」出版50年 西巻茅子さん(80) 子どもたちが選んでくれた

絵本作家の西巻茅子さん

 花畑や星空など、主人公のウサギの行く先によってワンピースの模様が変わる「わたしのワンピース」が出版から50年を迎えた。世代を超えて愛され続ける絵本が生まれた背景を、絵本作家の西巻茅子さん(80)に聞いた。【聞き手・大沢瑞季】

 私にとって3作目の絵本で、どこにもないオリジナルのものにしたいと、気合を入れて作りました。レオ・レオニの「あおくんときいろちゃん」のように、絵が語るようなものにしたかったんです。スケッチブックにいたずら描きをしているうちに、子どものころ描いた三角形のワンピースを思い出しました。切り抜いて着せ替え遊びをしたように、ワンピースの模様が次々に変われば面白いと思いつき、ぱあっと一気にできました。

 でも、出版社からは「花畑を散歩すると、なぜワンピースが花模様になるか分からない」「花畑を転げ回るな…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです