メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

絵本は芸術家の自己表現メディア 国際子ども図書館で100年回顧展 画家・阿部海太さんに聞く

個展の会場で絵本作りについて話す阿部海太さん

美術との出合いの場に 画家・阿部海太さん(33)

 作品が展示されている画家の阿部海太さんは、油彩などの作品を個展で発表する一方で、絵本も手掛けている。アートと絵本の関係について聞いた。

 絵本は一つの芸術作品。プライベートな時間に、おのおののペースで静かな気持ちで接することができるのがギャラリーで鑑賞される絵画との違いだと感じています。絵本には、場所や時間を超えていく力もあります。

 1作目の絵本「みち」は、開けた景色が続くシンプルな本を作りたくて自費出版したものでした。2作目の「みずのこどもたち」は、「水の流れ」がテーマの個展をきっかけに作りました。形を変え、立ち止まらず流れていく水に普遍的なものが宿っていると感じたのです。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです