メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

絵本は芸術家の自己表現メディア 国際子ども図書館で100年回顧展

展示されている絵本を紹介する寺倉憲一館長=東京都台東区の国際子ども図書館で

 国内外の絵本を美術作品として捉えた展示「絵本に見るアートの100年」が東京都台東区の国際子ども図書館で開かれている。20世紀の芸術運動と、影響を受けた作品を時代とともにたどり、表現媒体として楽しめる。【大沢瑞季】

 夢や無意識などの世界を描いた1920年代の「シュールレアリスム」は、画家の建石修志による「幸福の王子」など、現代の作品にも影響を及ぼした。10~30年代にロシアで起こった前衛的な芸術運動「ロシア・アバンギャルド」は大胆に抽象化した絵が特徴で、ウラジーミル・レーベジェフによる「サ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです