メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

ダニの進化と人のうそ=五箇公一

ハダニ類の一種、ミカンハダニのコンピューターグラフィックス。五箇さんに遺伝的多様性の意味を教えてくれた、企業時代の憎らしくも愛らしいライバルだ=五箇公一さん提供

 私が国立環境研究所に来るまで7年間、農薬製造の民間会社に勤務していたことは以前にもこのコラムで紹介した。在社時代に特に力を入れていたのが、農作物の葉や実を食害する「ハダニ」という農業害虫を防除するための殺ダニ剤の開発だった。

 会社では、これまでにない新しい作用機構をもつ殺ダニ剤が開発されていた。そして私は研究チームの中で、ハダニに対する効力試験を担当した。この製品は極めて殺ダニ活性が高く、それまでに販売されていた他社商品と比較しても、1桁低い濃度で高い防除効果が得られる優れた薬剤だった。

 ところが、この薬効の高さが裏目に出て、魚類や哺乳類に対する毒性も高く、環境中の生物に対する悪影響が懸念された。そこで、なんとかこの毒性を低減できないかと、処方を変更するなど工夫を繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1227文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです