メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出生減、ハイペース 政府対策追いつかず 令和婚ブームも影響

 2019年の出生数が国の推計より早いペースで90万人を割り込み、少子化が一段と深刻化していることが浮き彫りになった。25~39歳の女性人口の減少や団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)が40歳代後半を迎えたことなどが影響しているとみられる。厚生労働省は「令和婚により5月の婚姻件数が増えた結果、出産がそれ以降に先延ばしされたためではないか」としている。【阿部亮介】

 25~39歳の女性は7月1日時点で969万5000人。前年比で20万人以上減り、減少の一途をたどっている。団塊ジュニア世代も40歳代後半を迎え、出産時期のピークを過ぎた。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです