メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

聴覚障害の夫婦、国提訴 強制不妊、損害賠償求め 福岡

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして、共に聴覚障害のある福岡県の男性(80代)と妻(70代)が24日、国に計2000万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。弁護団によると、旧法を巡る訴訟が起こされたのは8地裁目で、原告は計24人になった。

 訴状によると、男性は60年代後半の結婚1週間ほど前に、何ら説明がないまま不妊手術を受けさせられ、妻…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです