メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

聴覚障害の夫婦、国提訴 強制不妊、損害賠償求め 福岡

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられ、憲法が保障する幸福追求権などを侵害されたとして、共に聴覚障害のある福岡県の男性(80代)と妻(70代)が24日、国に計2000万円の損害賠償を求めて福岡地裁に提訴した。弁護団によると、旧法を巡る訴訟が起こされたのは8地裁目で、原告は計24人になった。

 訴状によると、男性は60年代後半の結婚1週間ほど前に、何ら説明がないまま不妊手術を受けさせられ、妻は夫との子供を持つ機会を奪われた。結婚直後、夫は夫婦関係が壊れる恐怖から手術したことを打ち明けられず、約半年後に告白した後は、妻がショックで体調を崩した。夫婦は親しい友人や親族にも手術を隠し続けたという。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 金正恩委員長「委任統治論」の矛盾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです