メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キリスト生誕の地ベツレヘムでクリスマスミサ ガザ地区住民の訪問許可は半分以下

 イエス・キリストの生誕の地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムでは24日から25日にかけ、クリスマス恒例の深夜ミサが行われ、世界中から集まった信者が祈りをささげた。ロイター通信によると、当初はイスラエル当局から訪問許可が出されなかった同自治区ガザのキリスト教徒については、希望者の半分以下の316人に許可が出されたという。

 人口約200万人のガザ地区には約1000人のキリスト教徒が暮らす。地区外に出ることは厳しく制限され、例年、クリスマスなどの時期に限りベツレヘムへの訪問許可が出されていたが、イスラエル当局は12月12日、治安上の措置を理由に訪問を禁止。その後、エルサレムのキリスト教指導者らの非難もあり、22日になって治安上の問題を考慮した上で許可を出すと方針転換した。

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです