メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サルBウイルス、過去にも感染者 鹿児島市などが発表

鹿児島市役所=菅野蘭撮影

 鹿児島市内でサルの動物実験をしていた技術員がサル由来の「Bウイルス」に感染していることが11月に国内で初確認されたことを受け、市と医薬品開発会社「新日本科学」(東京都)は24日、2014年にも感染例があったと発表した。

 市によると、サルの実験に従事していた新日本科学の元社員が14年、風邪のような症…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです