メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カレー食べて子ども食堂支援 代金の一部を広報・啓発に

子ども食堂を支援する企画「カレー フォー チルドレン」の協力店舗に掲げられたのぼり=NPO法人フードバンク北九州ライフアゲイン提供

 子ども食堂運営などに取り組むNPO法人「フードバンク北九州ライフアゲイン」(北九州市八幡東区、原田昌樹理事長)は、協力する飲食店でカレーを食べると代金の一部が子ども食堂の支援に充てられる企画「カレーフォーチルドレン(CFC)」を商標登録した。「CFC=子ども支援」との認知度を高めて広く展開し、子ども食堂の活動拡大につなげたい考えだ。【松田栄二郎】

 CFCには、地域で子供たちを守り育てる機運を高める目的もある。同法人は、食べられるのに廃棄される食料品を企業や農家の協力で集め、福祉施設などに届ける「フードバンク」活動にも取り組む。ジャガイモ、ニンジンなど「バンク」で集めた傷みにくい具材を協力店に提供できると考え、カレーに焦点を当てた。集めた支援金は子ども食堂運営のノウハウをまとめた冊子作りなど、広報・啓発活動に使う。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 特集ワイド 池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです