メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け

30年前発見「ツクシコメツツジ」 DNA解析、新種と判明

拡大したツクシコメツツジの花=南谷さん提供

 宮崎県総合博物館の元副館長で日本植物学会会員の南谷忠志さん(79)=宮崎市在住=が約30年前に発見し「ツクシコメツツジ」として分類していた植物が、コメツツジ類の新種であることが分かった。千葉大大学院の渡辺洋一特任助教らのグループがDNA解析した結果、判明した。10月下旬に植物分類学の国際誌「PhytoKeys」で発表した。【斎藤毅】

 コメツツジは半落葉樹で高さ1メートル程度の小低木。全国的に自生し、主に米粒大の白い花を咲かせる。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです