メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放置された「森友小」校舎有効活用を 施工会社が土地・建物一括売却求め調停申し立て

国有地に放置されたままの森友学園の小学校校舎=大阪府豊中市で2019年12月25日、望月亮一撮影

 学校法人「森友学園」(大阪市、民事再生中)が大阪府豊中市の国有地で開校を計画していた小学校を巡り、校舎を施工した建設会社「藤原工業」(同府吹田市)が25日、土地と校舎を一体で売却する交渉に、国と学園の管財人が応じるよう、大阪簡裁に調停を申し立てた。国は更地に戻すことを求めているが、同社は「校舎を有効活用すべきだ」と訴えている。

 申立書などによると、藤原工業は2015年12月、学園から小学校の校舎建築を請け負った。産業廃棄物の撤去費用を含めた約20億円をかけ、2階建て(一部3階建て)の校舎がほぼ完成した。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです