メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桃田賢斗、初出場の五輪で「最高の恩返しを」

バドミントンのジャパンオープン男子シングルス決勝でシャトルを打ち返す桃田賢斗=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年7月28日、喜屋武真之介撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で躍進した日本代表のように、団体球技の一体感も魅力だが、個人で栄光を目指す選手の生き様も共感を呼ぶ。流行語大賞にも選ばれた「ワンチーム」。日本中の声援を一つに、東京五輪で活躍を誓う選手たちへ送ろう。

 五輪前年の2019年はワールドツアーや世界選手権、アジア選手権で出場した16の国際大会のうち、史上最多記録となる11大会で優勝した。世界に圧倒的な強さを見せつけ、絶対王者の風格が漂う。

 メダル候補で迎えるはずだったリオデジャネイロ五輪を4カ月後に控えた16年4月、違法賭博行為が発覚し、無期限出場停止処分を受けた。それでも練習環境は引き続き与えてもらった。感謝の気持ちを胸に、苦手だった走り込みに取り組んだ。17年5月に処分が解除され、18年は粘り強く拾う戦法で秋には世界ランキング1位に。さらに19年は動きのスピードを高め、先に仕掛けるスタイルに取り組み進化を遂げた。いずれも謹慎中…

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文2069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです