メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興の灯…聖火リレー 3月26日に福島スタート 47都道府県巡る

2020年東京五輪の聖火リレールート

 東京五輪の聖火リレーは3月26日から開幕日の7月24日まで121日間(移動日の7日間を含む)で全47都道府県を巡る。全国市区町村の約半数にあたる858市区町村を約1万人でリレー。東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉、広野両町)からスタートし、大会理念の「復興五輪」を世界に発信する。

 3月12日にギリシャ・オリンピアで採火後、同国内のリレーで、日本人の先頭を切って2004年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさんが登場する。聖火は同20日に宮城県東松島市の航空自衛隊松島基地に到着。国内リレーでは、阪神大震災の復興モニュメントのある神戸港(神戸市)や16年熊本地震で被災し復旧工事が進む熊本城(熊本市)も巡る。

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです