メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上山友裕「満員の会場で金メダル目標」 パラリンピック

練習に励む車いすアーチェリーの上山友裕=大阪府東大阪市で2019年11月28日、梅田麻衣子撮影

 日本選手が初めてパラリンピックに出場したのは1964年の東京大会だった。半世紀あまりの時を経て、冬季競技や他競技からの転向選手ら多様な個性が輝く舞台は、刻一刻と迫っている。

ぶれない矢 金に照準

アーチェリー 上山友裕(32)

 高校ラグビーの聖地・花園に近い東大阪市の練習場に、「ヒュッ」と軽快な音が響いた。生駒山から寒風が吹き付ける中、70メートル先の的へ正確に矢を放っていく。多いときで1日に300本を数える練習を重ね、世界ランキングは2位(2019年12月現在)まで上昇。「満員の会場で金メダル。それが東京パラリンピックでの目標」と2度目のパラリンピックに照準を定めている。

 友人に誘われ、同志社大で競技を始めた。卒業後も勤務先でサークル活動を続けたが、23歳の冬に異変が生じた。電車に乗るために走ろうとしたが、足がついてこない。原因不明の病気で両脚の自由を失い、車いす生活になった。

この記事は有料記事です。

残り1638文字(全文2032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです