メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妖精 もっと高く 新体操日本代表、悲願のメダル獲得へ 東京五輪7月24日開幕

世界選手権で獲得したメダルを手に帰国して笑顔の新体操日本代表の(左から)熨斗谷さくら、竹中七海、松原梨恵、杉本早裕吏、鈴木歩佳、横田葵子=2019年9月24日、吉田航太撮影

 東京五輪・パラリンピックイヤーが幕を開けた。56年ぶりとなる国内での夏季五輪の開幕が7月24日に迫り、同一都市として夏季大会初となる2度目のパラリンピック開幕は8月25日に控える。アジア初開催で日本中が沸いた昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯)の余韻が残る中、ラグビー日本代表に負けない結束力を誇る「ワンチーム」は、新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」だ。五輪最終日の8月9日に日本新体操界悲願のメダル獲得を目指す。【円谷美晶】

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです