メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「W杯のレガシー継承」ラグビー・トップリーグ 16チーム主将が抱負

シーズン開幕に向けた記者会見で抱負を語ったトヨタ自動車のNO8姫野和樹(前列右から2人目)らトップリーグ各チームの主将たち=東京都渋谷区で2019年12月25日午後2時59分、谷口拓未撮影

 ラグビー・トップリーグ(TL)の開幕(2020年1月12日)を控えた全16チームの主将が25日、東京都内で記者会見し、ワールドカップ(W杯)日本大会後初めてのシーズンへ抱負を述べた。太田治チェアマンは「さまざまな国の代表選手も参戦する。W杯のレガシー(遺産)を継承しW杯の熱を冷まさぬよう取り組む」とあいさつした。

 TLは5月9日まで総当たり戦で優勝を争う。W杯で日本の8強に貢献したトヨタ自動車のNO8姫野和樹主将は、第1節のヤマハ発動機戦に向け「勝ちます」と宣言。W杯でニュージーランド(NZ)の主将を務めたNO8リードが加入し「強みのフィジカルにNZスタイルのパスも加えられた」と語った。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです