琉球の島ことば 絵本で子へ孫へ 消滅危機「読み聞かせ」で救う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
出版計画中の絵本と舞台となる4島
出版計画中の絵本と舞台となる4島

 「消滅危機言語」として近い将来に消滅する恐れが指摘されている沖縄県や鹿児島県・奄美群島の島のことばを、家庭の中で大人から子どもに伝えてほしいと、言語研究者や島の人々らが協力し、島のことばを使った絵本の出版計画を進めている。絵本は4作品で、沖縄県・八重山諸島の与那国島、竹富島、宮古諸島の多良間(たらま)島と、奄美群島の沖永良部(おきのえらぶ)島でそれぞれの島に伝わる民話や民謡を題材にして各地のことばでつづった。絵本の読み聞かせを通して親子で親しみながら、島のことばを継承してもらうのが狙いだ。【鈴木玲子】

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1735文字)

あわせて読みたい

注目の特集