メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

混乱続く、大学入学共通テスト 現役高校生は怒り心頭

萩生田光一文部科学相=宮間俊樹撮影

 大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる大学入学共通テストを巡り、混乱が続く。実施まであと1年余と迫るも全容が固まらない事態に、受験「元年」世代の高校2年生は「勉強に集中できない」と怒り心頭だ。萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言を「国の本音が露呈した」と冷ややかにとらえる現役生らの声を聞いた。【鈴木美穂】

 「もう時間がないのです。本当に国の教育を思って改革をしたいのなら、未来に希望を与えてください。後輩に同じ思いをさせないでください」。20日夜、東京・霞が関の文科省前での抗議集会で、高校2年生の男子生徒はマイクを通してこう訴えた。

 共通テストを巡っては、改革の2本柱だった英語民間試験の活用、国語・数学の記述式問題の導入が相次いで見送られた。だが、男子生徒は「まだまだこれから」と切迫感をにじませる。「二つは世に広く認識され、改悪をはね返せました。ただ、共通の1次試験が結局どうなるのかなど、山積する課題があります」。まだ終わらない、との認識なのだ。

 この生徒は、度重なる変更に翻弄(ほんろう)された高校生らの怒りをこう代弁する。「明らかに判断は遅すぎました。延期で一段落、実害は出ていないと思われがちですが、実際は違います。高3の…

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです