メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交流進め仲良くしよう 高田高生13人、訪韓体験報告会 一緒にカラオケ「バイアス一掃」 /新潟

11月に韓国を訪問した高田高校の1、2年生=新潟県上越市の高田高校で

 上越市の県立高田高校の1、2年生13人が訪韓して現地の高校生と交流した報告会が25日、同校であった。日韓関係が悪化する中「交流を進めて、日韓関係を良くしていきたい」などと訴えた。【浅見茂晴】

 外務省の「対日理解促進交流プログラム」の一環で、若い視点で長続きする交流を目指そうと、公益財団法人日韓文化交流基金が企画。全国の高校生18人と一緒に、11月10~16日に訪れた。

 ソウルでは、韓国風弁当をつくる体験をしたり、日本大使館で最近の日韓関係の講演を聴いたりした。北朝鮮との軍事境界線がある非武装地帯近くも訪問。ソウルに隣接する華城市の創意(チャンウィ)高校では、授業やホームステイを体験した。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです