メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊・時論フォーラム

南西諸島の軍事化/反ワクチン主義/厚労省「人生会議」

近距離地対空誘導弾での対空戦闘訓練に臨む自衛隊員ら=鹿児島県奄美市で11月8日、神田和明撮影

 中国の南洋進出を背景に、日本政府は奄美など南西諸島で自衛隊基地を拡張しつつある。石原俊氏は安全保障の整備の必要性を指摘しつつ、限られた地域に「構造的差別」を強いることに疑義を呈した。吉田徹氏はワクチンへの拒否感が強い現状にみえる民主政治の危機を、井手英策氏は厚生労働省の呼びかけについて、国家が人間の命のあり方を方向付けようとする異常さを指摘した。

この記事は有料記事です。

残り4412文字(全文4587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです