メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリー・闘士の「変節」

/2 EU資金、政権の「裏金」

エリオス社によって設置されたLED街灯=ハンガリー北部シゲトセントミクローシュで2019年11月4日

 「我々は国家の主権を強めなくてはならない。欧州は我々のよりよい未来を約束してくれないのだから」=ハンガリー・オルバン首相(2015年、ハンガリーメディアのインタビューで)

     ◇

 「3社の入札申請書が全て同一人物によって書かれていた」。毎日新聞が入手した欧州不正対策局(OLAF)の捜査書類には、ハンガリーで実施されたLED電灯設置工事の「不正」が記されていた。工事の総額は4370万ユーロ(約53億円)で、ほぼ全額が欧州連合(EU)による補助金の対象だ。全ての工事を落札したのはオルバン首相の義理の息子が経営していたエリオス社だった。

 OLAFは17年末、過去数年間に実施されたLED工事について「深刻な不正がある」とする報告書をハン…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです