メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラットフォーマー規制

ポイント解説/3 優越的地位の乱用 消費者泣き寝入り防ぐ

 プラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大IT企業は、消費者の属性や行動など膨大なデータを活用してサービスの利便性を高めている。その結果、他企業に乗り換えたくても代替するサービスがなかったり、利便性が大幅に下がったりするため、消費者は自分の情報が不当に扱われても受け入れるしかない立場に置かれがちだ。

 このため公正取引委員会は、独占禁止法の運用指針を新たに策定し、主に企業間で適用されてきた「優越的地位の乱用」を、PFと消費者の…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです