メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラットフォーマー規制

ポイント解説/3 優越的地位の乱用 消費者泣き寝入り防ぐ

 プラットフォーマー(PF)と呼ばれる巨大IT企業は、消費者の属性や行動など膨大なデータを活用してサービスの利便性を高めている。その結果、他企業に乗り換えたくても代替するサービスがなかったり、利便性が大幅に下がったりするため、消費者は自分の情報が不当に扱われても受け入れるしかない立場に置かれがちだ。

 このため公正取引委員会は、独占禁止法の運用指針を新たに策定し、主に企業間で適用されてきた「優越的地位の乱用」を、PFと消費者の…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです