メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

シニア犬の寝たきり予防策

ありすの前脚をストレッチする長坂佳世院長=東京都八王子市で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 獣医療や飼育環境の向上によるペットの高齢化が進んでいる。大型犬では6歳以上がシニア・高齢とされるが、ペットフード協会(東京都千代田区)の調査(2018年)によると、犬の平均寿命は14・29歳。寝たきりにさせないためには、日ごろのマッサージやストレッチが効果的だ。

 ●若いうちからケア

 ラブラドルレトリバーのありす(推定12歳)を飼う東京都日野市の宮沢洋子さん(60)は毎朝、散歩前に5~10分かけてありすの体をほぐす。人間に当てはめると70代後半で、「冬場の朝は体が硬く、いきなり散歩するとけがの原因になる」と言う。

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです