メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

シニア犬の寝たきり予防策

ありすの前脚をストレッチする長坂佳世院長=東京都八王子市で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 獣医療や飼育環境の向上によるペットの高齢化が進んでいる。大型犬では6歳以上がシニア・高齢とされるが、ペットフード協会(東京都千代田区)の調査(2018年)によると、犬の平均寿命は14・29歳。寝たきりにさせないためには、日ごろのマッサージやストレッチが効果的だ。

 ●若いうちからケア

 ラブラドルレトリバーのありす(推定12歳)を飼う東京都日野市の宮沢洋子さん(60)は毎朝、散歩前に5~10分かけてありすの体をほぐす。人間に当てはめると70代後半で、「冬場の朝は体が硬く、いきなり散歩するとけがの原因になる」と言う。

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1575文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです