メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

よこはま動物園ズーラシア ハリネズミと呼ばないで

針を広げると迫力満点=よこはま動物園ズーラシア提供

 アフリカタテガミヤマアラシは、アフリカ中北部のサバンナや森林、ステップなどにすむネズミの仲間です。背中には長く鋭い針状の毛がたくさん生えていて、肉食動物などの外敵に襲われそうになると針を逆立てて威嚇し、後ろ向きに突進して攻撃します。その見た目から、怖そう、危険そうと思われがちですが、本来は臆病な動物で、小さな目と大きな鼻、愛嬌(あいきょう)のある顔をしています。

 ズーラシアには、クリス(雌、2002年2月12日生まれ)とネイロ(雄、16年7月9日生まれ)の2匹がいます。クリスはマイペースで温和、背中の針の間を飼育員にかいてもらうのが大好きです。ネイロはちょっと怖がりですが、元気いっぱい、穴掘りと木かじりが得意です。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです