メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飼育ノート

よこはま動物園ズーラシア ハリネズミと呼ばないで

針を広げると迫力満点=よこはま動物園ズーラシア提供

 アフリカタテガミヤマアラシは、アフリカ中北部のサバンナや森林、ステップなどにすむネズミの仲間です。背中には長く鋭い針状の毛がたくさん生えていて、肉食動物などの外敵に襲われそうになると針を逆立てて威嚇し、後ろ向きに突進して攻撃します。その見た目から、怖そう、危険そうと思われがちですが、本来は臆病な動物で、小さな目と大きな鼻、愛嬌(あいきょう)のある顔をしています。

 ズーラシアには、クリス(雌、2002年2月12日生まれ)とネイロ(雄、16年7月9日生まれ)の2匹がいます。クリスはマイペースで温和、背中の針の間を飼育員にかいてもらうのが大好きです。ネイロはちょっと怖がりですが、元気いっぱい、穴掘りと木かじりが得意です。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです