メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

あす開幕 桐蔭、伝説超え挑む 松島らも「単独V」果たせず

 27日から東大阪市花園ラグビー場で、出場51校が熱戦を繰り広げる。優勝候補に挙がる今春の全国高校選抜大会覇者で前回準優勝、Aシードの桐蔭学園(神奈川)と、前回初優勝を果たしたBシードの大阪桐蔭(大阪第1)を2回に分けて紹介する。(3面に「質問なるほドリ」、19~21面に特集)

 桐蔭学園(神奈川)は優勝1回、準優勝5回の実績を誇る「東の横綱」だ。ただ、第90回大会(2010年度)の初制覇は東福岡と引き分けての両校優勝。2回目の優勝を「単独」で飾ることができるか。注目が集まる。

 主将のSO伊藤大祐(3年)は「単独優勝がしたい。単独へのこだわりがある」と、決意を語る。90回大会では、今秋のワールドカップで日本を初の8強に導いたWTB松島幸太朗(サントリー)らを擁し、分厚い選手層を誇った。伊藤はその世代を桐蔭学園の「伝説」と表現する。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 東京都で新たに78人感染 1日当たり最多 永寿総合病院で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです