メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迷走するイージス・アショア 失態続き秋田で見直し論も

「イージス・アショア」の配備が予定される陸上自衛隊新屋演習場(手前)。右奥は秋田市街地=秋田市で2018年7月27日、本社機「希望」から

 政府が秋田、山口両県で進めている陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画が迷走している。防衛省の資料の誤りや説明ミスが相次いで発覚し、秋田では地元住民が強く反発。政権内には候補地とした陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)の見直し論も浮上している。影響は山口にも波及し、12月から始まった地元向けの説明で県や地元自治体は慎重姿勢を示した。政府が当初目指していた2023年度の配備はずれ込む見通しだ。

 「新屋についてもしっかりと再調査した上でゼロベースで評価する方針に変わりはない」。河野太郎防衛相は13日の記者会見で、秋田での候補地である陸自新屋演習場の見直し論を打ち消すように従来通りの姿勢を強調した。

 防衛省は秋田、山口両県で陸自演習場を配備先として「適地」とする考えを地元に説明したところ、6月に資料の誤りが相次いで発覚した。秋田では地元住民に対する説明の際、同席していた東北防衛局の職員が居眠りをし、住民の反発をさらに強める結果となった。岩屋毅防衛相(当時)が両県を訪問して謝罪し、再調査を開始。調査内容について検討する有識者会議も新たに設置し、専門家からの了承を得た上で地元の説得に当たる手順をとった。

 東日本での配備先については、新屋のほか、青森や山形の国有地など19カ所も加え、民間業者に委託するなどして再調査を進めている。しかし、7月の参院選秋田選挙区では自民候補が、…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです