海自中東派遣、27日閣議決定へ 「調査・研究」根拠 米、イラン双方に配慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影

 政府は27日午前の閣議で、防衛省設置法の「調査・研究」を根拠に中東海域での航行の安全確保を目的とした海上自衛隊の独自派遣を決定する。閣議決定されれば、アフリカ東部ジブチを拠点に海賊対処に当たっているP3C哨戒機に加え、新たに派遣する護衛艦1隻が任務に就く予定だ。

 閣議決定には、調査・研究の活動中に、付近で日本船籍が襲われるなど「不測の事態」が起きれば、武器使用も伴う「海上警備行動」を発…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集